細かいニキビが顔全体に!?原因と治し方を解説

細かいニキビぶつぶつが顔に大量発生した時の対処方法

*

細かいニキビ跡を治す4つの方法とおすすめを紹介

   

顔に細かいニキビ跡が残ってしまった

「細かいニキビ跡がどうしても気になる!」

「もし細かいニキビ跡が無ければもっと自信を持てるかも」

 

顔に残ってしまった細かいニキビ跡を対策する方法としては、

 

  1. メイクで隠しながらやり過ごす
  2. スキンケアで少しずつ薄くなっていくのを待つ
  3. 専用アイテムで集中的にケアする
  4. 美容皮膚科でレーザー治療などの専門治療を受ける

 

この4つがあると思います。細かいニキビ跡が少しあるだけならメイクで隠し続けながら少しずつ治していくという方法もありですね。

ただ、基本的には2か3の方法で、少しずつでも良いので細かいニキビ跡が目立たなくなっていくように改善していきたいところです。

お金に余裕があれば美容皮膚科も良いかもしれませんが、価格面で未知数だし、100%治るわけでもなければダウン期間があったりして意外と不便そうです。

 

細かいニキビ跡を治す方法

細かいニキビ跡を治していく上では肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常な周期に整えることが大切です。

肌荒れができたせいでターンオーバーが正常に機能していなかったり、そのせいで細かいニキビが大量発生してしまったとも言えます。

 

毛穴をキレイに保って、乾燥させずに角質層の柔軟性を保つことがターンオーバーを整える上でポイントになります。

これって毎日の洗顔料や化粧水を使ったスキンケアの役割そのものですよね。

 

ニキビ跡って治らないというイメージが強いかもしれませんが、毎日のスキンケアでターンオーバー周期が整うにつれて少しずつ目立たなく消えていくものですよ。

何で治らないような気がするか?というと、ターンオーバーは正常な周期であっても28日前後なので、1ヶ月に少しずつしか良くなっていかないんですね。

シミ、色素沈着、赤み、凸凹肌など色々な種類がありますが、特にクレーターはどうしても時間がかかってしまいます。

 

ニキビ跡をすぐに治すというのは不可能だからこそ、早く正しい治し方を実践していくことが大切になります。

 

そこで出番となってくるのが専用のケア用品です。ニキビ跡を消すことに集中して作られた化粧品を活用して、新陳代謝を早く正常な周期へと戻していきましょう。

ニキビ跡専用のコスメの中では、ビーグレンのニキビ跡ケアプログラムが洗顔料、化粧水、美容液、クリームの基礎化粧品全てをニキビ跡対策のためだけに揃えることが出来るので、かなり強力です。

細かいニキビ跡を出来るだけ早く治してしまうためにも活用を検討してみてください。本当におすすめのサイエンスコスメです。

>>>ビーグレンのニキビ跡ケアプログラムがコレ!

 - 細かいニキビ跡