細かいニキビが顔全体に!?原因と治し方を解説

細かいニキビぶつぶつが顔に大量発生した時の対処方法

*

細かいニキビがあごに増えた時に使いたい保湿アイテム

   

細かいニキビがあごに大量発生

細かいニキビ あご

「細かいニキビがあごに大量発生!」

「今まではこんなことなかったのに!早く治したい!」

 

あごに増える細かいニキビは大人の肌荒れの典型的な症状とも言えます。大人になると肌が乾燥してきてバランスが崩れたり、ストレスで余計な皮脂分泌が引き起こされてそれがあごに細かいブツブツニキビが増える原因となります。

生理前になると女性ホルモンバランスが揺らいで、さらに敏感な肌になったり皮脂過剰が起きたりして荒れやすいので大変ですよね。

 

治療が遅れてしこりのように腫れたニキビができたり、シミや赤みなどのニキビ跡が残ってしまうと大変です。一日でも早く何もなかったかのようにキレイに治していきたいですね。

 

あごニキビの対処は保湿がカギ!

とにかく細かいニキビがあごにできてしまった時、まず徹底したいのは保湿ケアです。保湿ケアを徹底してバリア機能を強く保っておくことで、外からの刺激や毛穴が皮脂詰まりを起こさないような負けない強い肌を作っていくと良いですよ。

もちろん使っていく保湿ケアにニキビの有効成分も配合されていれば理想的です。例えば、グリチルリチン酸ジカリウムと水溶性プラセンタエキスという定番の有効成分が配合されたあごニキビ専用の保湿ジェルもあります。

 

細かいあごニキビの対策のためだけに基礎化粧品を全部見直すのは大変だと言う時でも、メルラインのような保湿クリームだけをスペシャルケアとして導入することで大きな負担なくスムーズに対処していくことが出来るようになります。

朝と夕(出来れば昼)の徹底保湿で内側に潤いを蓄えると余分な皮脂も出にくくなるし、メイクも崩れにくくなって日焼けもしづらくなります。

(逆に保湿が弱いと化粧直しも多くなったり厚塗り感が出たりして、毛穴を詰まらせて悪化させる原因にもなってしまいます。)

 

基礎化粧品だけでは限界を感じていた時に私もメルラインに出会い、今でも助けられています。

保湿効果の高いマスクやパックも活用したいところですが、どうしても物理的な刺激が逆効果になってしまうこともあるので、クリームやジェルの方がニキビ肌には使い勝手が良いんですよね。マスクやパックは症状が落ち着いてからのお楽しみにとっておきましょう!

このあたりは美容系の雑誌を参考にしてニキビ肌の方が取り入れてしまうと、かえって失敗するケースとなります。(私も過去にあれこれやり過ぎて悪化させてしまった苦い経験があります。)

 

抗炎症作用を持った有効成分も配合されていて肌をいたわることが出来るし、使い心地も良い感じなので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

>>>あごニキビ専用ジェル 【MELLINE(メルライン)】はこちら!

 - 細かいニキビ あご ,